メリットの多い不動産投資

■不動産投資

不動産投資は、右肩上がりに参入者が増えています。不動産投資を選ぶ理由で多いのは年金問題への対策です。老後の生活に必要な収入を得る手段として、安定的な収入が見込める不動産投資が注目されているのです。

安定的な収入が得られる
不動産投資の一番の魅力は、比較的安定的な収入を得られる点です。株式投資などの金融商品は景気に左右されやすく、専門的な知識が必要な上、投資先の会社の業績悪化によっては配当が行われないという事態も生じます。
それに比べて不動産投資は、景気の影響を受けにくく、安定した収入が得られるため、自己の終身年金として選択される方が増えています。

生命保険としての役割
居住用の不動産投資は、ローンで購入する際に、「団体信用生命保険」という保険に加入します。この保険により、オーナーの方が死亡や重度の障害が残るケガや病気になった場合、残ったローンはすべて保険で支払われるため、ご家族の方は、残額を支払うことなく物件を取得できます。このように、万が一の場合でもご家族の資産になり、家賃収入も残すことができる、生命保険のような役割もあるのです。

多額の自己資金が必要ない
個人の資金よりも、物件の収益性が重視されローンが組まれるため、株式投資などの金融商品に比べ、多額の自己資金は必要ありません。
物件の収益性をご自身や不動産会社だけでなく、銀行からも審査された上で、投資の可否が決まるという点も、多くの方に支持されている魅力の一つです。

自己の資産として幅広く活用できる
ライフスタイルに合わせ、一時的に、家族の居住用に使用することも可能です。居住用として使用することがなくなれば、再び、賃貸として活用し、収入を得るというように、幅広く実用的に活用できます。

節税効果に期待
サラリーマンの方でも経費計上が許されているのが、不動産投資です。もし投資開始後すぐに入居者が集まらない場合も、マイナス分を給与所得から差し引くことが可能です。さらに、建物は減価償却の対象となりますが、これにより実際の現金収入はプラスでも、帳簿上マイナスになれば節減できます。


クラリスの強み

クラリスの強みは、代表ならびに社員に不動産投資の運用をはじめ、一般的な居住用の不動産・土地の仲介、注文・分譲住宅・アパート施工などの実績が多数あることです。投資不動産を扱っている会社の多くが、投資後の収入源に当たる個人のお客様への賃貸、販売を行った経験がありません。数値的に利回りが良いというだけでは、借り手や購入者のリスクを回避することはできません。

実際の賃貸、売買を行う個人のお客様の動向を踏まえた上で、将来性のある投資先かどうかの査定を行い、ご提案させていただいております。初めて不動産投資を行う、また行っているが満足できていないなど、なんでもご相談ください。
※法律上または税務上の内容は変更になる場合がございます。
^